避妊に失敗したらモーニングアフターピル!

モーニングアフターピルは、性行為の際に万が一避妊に失敗してしまっても妊娠を予防できる医薬品のことです。
コンドームやリズム法など様々な避妊法を実践している人が多いですが、いずれの方法も100%の避妊効果を持っているわけではありません。
例えばコンドームは、知らないうちにゴムが破れてしまったり装着するタイミングが遅いなど、ちょっとしたことで妊娠の可能性が出てきてしまいます。
このように様々な事情で避妊に失敗した場合でも、モーニングアフターピルを使用すれば望まない妊娠を避けることが可能です。
この薬には受精卵が子宮内膜に着床するのを邪魔する作用があり、そのまま半強制的に生理を引き起こして受精卵を体外へと排出することができます。
受精そのものを防ぐことはできませんが、妊娠は受精卵が子宮にしっかりと着床しない限りは成立しないので、結果的に避妊効果を得られることに変わりはありません。
モーニングアフターピルには現在LGN法とヤッペ法という2種類が存在し、女性の体質や年齢、生理周期など様々な要素をもとに医師が判断してどちらかを選びます。
LGN法は新しいタイプで、ノルレボ錠を用いて妊娠回避を目指します。
具体的には、性行為後72時間以内に2つの錠剤を1度に服用するという方法です。
ほぼ確実に妊娠を回避するためには72時間以内が望ましいですが、それ以降も120時間以内までは服用が可能です。
軽い吐き気を感じる人もいますが、大きな副作用もなく安全性の高い方法となっています。
ヤッペ法はプラノバールという薬を使用した方法で、こちらも性行為後72時間以内に2錠服用し、その12時間後に更に2錠を追加で服用します。
費用は安いのですが、吐き気や嘔吐などの副作用がかなり強く出るため注意が必要です。
服用してから2時間以内に嘔吐すれば効果が得られないので、追加で服用しなければなりません。
このように、服用する薬に応じて飲み方や副作用が異なるので、医師とよく相談したうえで自分に合ったモーニングアフターピルを選ぶことが大切です。

性行為から72時間以内だと妊娠を回避できる

モーニングアフターピルは、万が一の際に妊娠を回避してくれる頼りになる存在ですが、服用すれば100%避妊効果を得られるわけではありません。
実際に服用して妊娠回避できる確率は0.98とされており、2%の人はモーニングアフターピルを用いても妊娠していることになります。
もちろん、0.98という避妊成功率はかなり高い数字なので、正しく服用すれば効果をきちんと得られることも意味しています。
正しく服用するためには医師の指示に必ず従う必要があるのですが、何よりも重要となるのが最初にモーニングアフターピルを服用するまでの時間です。
性行為から時間が経過すればするほど、卵子と精子が出会って体内を移動し、受精卵が子宮内膜に着床する可能性は高くなります。
一般的には性行為後72時間以内までにアイピルなどのモーニングアフターピルを服用すれば、約96%という高い避妊成功率が得られます。
72時間を過ぎると格段に成功率は下がってしまうため、必ず72時間に服用することが重要です。
ちなみに、性行為から12時間以内に服用すれば妊娠の可能性は0.5%ですが、24時間経過後になると約1.8%へと跳ね上がります。
それでも98%は避妊できるので十分とも言えますが、少しでも確実に避妊するためには1時間でも早く服用することが望ましいです。
とは言っても、仕事や学校で忙しければすぐに病院を受診することは難しいでしょう。
そんな場合は、アイピルのように入手しやすい価格のモーニングアフターピルが通販サイトで販売されているため、お守り代わりに常備しておくという方法もあります。
もちろん初めて使用する場合は、安全や正しい服用方法のためにも医師に相談したほうが良いのですが、慣れている場合は通販を利用することで安く便利に入手することができます。